身体の冷えは百害あって一利なし

「私、実は冷え性なの…」と言う女性は多いですよね。

たかが「冷え」と思うかもしれませんが、冷えは健康の大敵、万病のもととも言われます。

体が冷えてしまうと、体内の血管が収縮して硬くなり、血液そのものもドロドロになって、血行不良に陥ります。

すると、体内の細胞ひとつひとつにも栄養や酸素が行き届かず、老廃物の排出も滞ってしまいます。

具体的には便秘や下痢・頭痛・肩こり・むくみ・生理不順など様々な不調が起こりやすくなるのです。

現代社会は「冷え」に結びつく要因がたくさんあると言われます。

生活そのものが便利になっているので、運動したり歩いたり、体を動かす時間や機会が激減し、筋肉が衰えがちになっています。

筋肉は熱を生み出す場所であるのです。

また、自宅だけでなく、どこへ出かけてもエアコンが普及しているため、環境に合わせて体温調節をする体の機能が低下しています。

必要以上のストレスや生活習慣の乱れというのも、自律神経の働きを弱らせ、体温調節機能を阻害します。こういった状況により、現代人はどうしても冷えやすい体になってしまっているのです。

「冷え性」の自覚がなくても、基礎体温そのものが低くなっている場合もあります。

このような「冷え」を改善することができれば、私たちの体にとっては良いことがたくさんです。まずは体温が上昇することで、体内の酵素の働きも活性化します。

これらは私たちのあらゆる生命活動に関わっていて、ウイルスや病原菌を退治してくれます。つまり代謝機能が高まることで風邪などにかかりにくい丈夫な体質を手に入れることができるのです。

また、体が温まって血行が良くなれば、肌細胞の新陳代謝も上昇します。

老廃物の排出が促されますから、ニキビなどの肌トラブルも改善するのです。

それから、体が温まれば代謝もアップしますから、体がよりエネルギーをたくさん使うようになります。

同じ運動をしたとしてもその消費エネルギーが増えるため、ダイエット効果も高まるのです。

「冷え」を解消するためには、食べ物や飲み物で体を内側から温めることが大切です。

例えば、冷たい飲料は避け、白湯を飲むようにする。

特に朝は体温が低い状態ですから効果的です。

体温が上昇するとともに基礎代謝もアップし、熱が生産されて冷えにくい体になります。

温め効果がある食材を積極的に摂取することも効果的です。

にんじん・ごぼう・れんこん・ねぎ・にら、ショウガやニンニクなどの香味野菜がそれにあたります。これらの食材を温かい状態で体内に取り入れるよう心がけましょう。

また、コンブチャクレンズのような酵素系ドリンクには、身体の保温効果が高いしょうがなどの栄養素がたっぷりと含まれているので、おすすめです。

参照:コンブチャクレンズ最安値